読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻愛歌(転勤族の妻のメモ)

転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【転妻あるある】

【地方転勤が不安な方へ。地方在住転妻が疑問や不安にお答えします】③

前回の続きです。今までのはこちらから↓ 情報収集は、基本的に紙ベース 重複しますが、ネットでの情報量が極端に少ないです。 地方紙、広報、スーパーや児童館に掲示・設置されたちらしやタウン誌、つまり紙ベースの方が充実しています。 タウン誌も書店に並…

※ソロ育児中の転勤族の妻である私が、言われて悲しくなる言葉。※

少し前の話になりますが、長女が入院しました。 ・転勤先には親族はいない。 ・旦那は仕事で朝から晩まで…いや朝から朝まで?いない。 いつもどおりのこの前提で、導き出される答えは…次女も一緒に入院です。 (ベッドで寝るふたり) 入院の可能性が出たとき…

☆地方転勤が不安な方へ。地方在住転妻が疑問や不安にお答えします☆②

①はこちら↓ momokodokin.hatenablog.com 住む場所に気を付けないと、詰む。 勤務先によっては住む場所を選べない場合もあるかと思いますが、もし希望が通るのであれば、住む地域に注意が必要です。 (もちろん追い炊き機能があるとか、エレベーター付だとか…

☆地方転勤が不安な方へ。地方在住転妻の私が疑問や不安にお答えします☆①

結婚と同時に始まった【転勤族の妻としての生活=転妻生活】。 異動歴3カ所だけのペーペー転妻ですが、臨月での異動、出産先でのボッチいやソロ出産、ボッチ育児いやソロ育児、地方転勤など盛り沢山な内容でした。 私は今、徳島にいます。 徳島市内ではなく…

★転勤族の妻でも考え方を変えれば選択肢はある。転妻の仕事について考えてみた。★

3年保育を選ぶとしたら2年後に幼稚園入園となる次女。 私はそのタイミングで何か仕事をしたいと思っています。 それがパート的なものかガッツリ正社員的なものかは、今はまだ決めていません。 転勤族の妻(転妻)がガッツリ正社員として働くことができるの…

★転勤族の妻、ボッチ育児をしている人が最終的に頼れるところは、夫であってほしい★

先日、長女が嘔吐し腹痛を訴えました。 救急に連れて行ったら、念のため入院しますか?というお医者さんの言葉。 ちょっと考えて出た言葉は、「帰ります」 入院するほど逼迫した状態でなかったこと。 長女が病院にお泊まりを嫌がったこと(まぁ喜ぶ子はあん…

【転勤先で免許の更新。子どもの預け先は?】

私が衝動的に免許をとったのは3年前。 今年、初めての更新を迎えました。ハガキを読んでみると、 お金がいる 更新には受付、写真撮影に加えて講習(初回なので必ず二時間)がある 免許センターと近くの警察署でできる とありました。 免許センター…日曜日に…

【地方の、いわゆる田舎に転勤になった私が思う、クソ長いまじめな話。】

お世辞にも徳島は都会とはいえない。四国の中でも、なぜだか「何もない」県として知られている。びっくりドンキーも徳島だけないし、イオンモールもない。 (来年秋にようやくイオンモールができるってさ!シネコンも入るらしい。私、それまでいれるかな・・…

【転勤の度に夫婦の絆は強くなるとみんなは言う。】

よく、【転勤の度に夫婦の絆は強くなる】と聞く。 きっと転勤前後の色々な苦労を一緒に乗り越えると、家族としてのつながりがどんどん強固になっていく…ということだと思います。 うち、どんどん心のシャッター(私の)が降りていくんですけど。 もうギリギ…

【単身赴任について②ベッキーとゲスみたいなこと、とか】

momokodokin.hatenablog.com 前に書いたように子どものことを考えると単身赴任も候補に入ってくるのですが、そもそも家族が離れて暮らすということはよくないんではないか、と根本的なことを考えたりします。 旦那の仕事は離職率・離婚率が高い仕事。多忙で…

【単身赴任について。①こどものこと】

旦那の会社は、定年するまでずっと転勤生活。スパンは平均二年。 やっぱり考えます、単身赴任。 一番考えるのは、転勤がこどもにとっていいことなのかどうか。 私は家庭の事情で小学校1年生の時に転校を経験しました。たった一度。それでも鮮明に覚えていま…

【免許はとるべき!といいつつも…】

momokodokin.hatenablog.com 昨日UPした記事です。書いたとおり、免許はあったほうがいいんです。地方転勤になって車がなかったら詰みます。ひとりならなんとかなっても、こどもがいると本当に生活に困ります。こっちにはネットスーパーなんて、ないんだよ……

【転妻なら免許はあったほうがいい。いやとっとくべき。】

私が免許を取得したのは30を過ぎてから。転勤族の旦那と結婚するまで大阪に住んでいたので、車の必要性をさほど感じずノー免許で生きてきました。就職後しばらくして駅から1分のマンションに住んでからは特に、全く車の必要性を感じることなく、むしろ維…

【隣は何をする人ぞ。】

旦那の会社は借り上げ社宅制度を採用しています。会社が指定した不動産屋さんが提示する2、3の物件の中から、間取りや条件などを見て決めます。何故か事前の下見はNG。土地勘もない全く知らない土地の、実際見たこともない住まいにポンと放り込まれます。…

【美容院が怖い】

怖いというとおおげさなんですが、美容院が苦手というかあのオシャレな空間に足を踏み入れることに躊躇します。独身時代はストレスがたまるたびに、イメチェン祭りじゃー!!!!とか言って月1レベルで美容院に通ってたのでそれほどでもなかったんですが、…

【ひとりなら楽しいけれど、こどもがいるとしんどいことも。】

育児でなく転勤のことです。転勤生活、ひとりだと楽しめます。 旅行だったら絶対に行かなかったであろう土地で、色んな経験ができる。その場所がどれだけ不便でも面白くなくても、期限付きだから我慢できる。出会いもある。何もない場所なら引きこもればいい…

【異論は認める、徳島あるある】

☆風が強い。 毎日風が強く穏やかな日があまりない。台風接近中か!?と思うほど風が強い。外に出しておいた生協の発泡スチロールが保冷剤入れてても飛ぶ。重石してても飛ぶ。廊下に置いた三輪車が廊下の端まで行ってたことも。 「徳島 風強い」でググるとい…

【躊躇している人へ、躊躇していた私から】

転勤先で、ランチ会などに参加することを躊躇している人に向けて。

【転妻の強い味方!?】

ネットやタウン情報誌に載っていない情報は口コミを頼るしかない、という話。

【地方に住んでから増えたもの。】

※わたしの住まいは県庁所在地ではありません。 中心地に出るまで車で一時間かかります。※※※※※※※※※※※※※※※こっちに引っ越してきてから増えたもの。段ボールです。 なぜ段ボールなんでしょうか。 それは、近くにお店がないから。 「徳島にはイオンモールがない…

【ママ友、本当にいりません?】

ママ友不要論について思うこと。

【諦める、割り切る、受け入れる】

転勤生活を楽しんでいても、ふとした瞬間に【どうして自分はここにいるんだろう…】と思うときがあります。

【落ち込むこともあるけれど、私、この町が好きです】

転勤生活って大変です。特に地方ってしんどい。