読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻愛歌(転勤族の妻のメモ)

転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【世界一大きな狸のいる公園】徳島

徳島ではその昔、天下分け目の大合戦があったそうです。
…と言っても人間の話ではありません。
狸の世界のお話です。

徳島に来てから、狸のオブジェを見ることが多いことに気づきました。
なんでやろう…と平成狸合戦ぽんぽこを見ていたら、
「四国の狸がうんぬんかんぬん…」のセリフと四国の地図が。
どうやら徳島には有名な狸がいて、江戸時代に大きな戦があったようです。

阿波狸合戦 - Wikipedia

 詳しくはウィキをお読みいただきたいのですが、戦の名前は「阿波狸合戦」。
徳島県小松島市が舞台となっています。

気になったので、さっそく小松島市に行ってきました。
目的は小松島ステーションパーク。通称「たぬき広場」

小松島ステーションパーク(たぬき広場・SL広場) - じゃらんnet

大人だけでなく、特に子連れにおすすめできる場所でした。


まず目に留まるのが大きな狸の銅像。世界一大きな狸の銅像です。
名前を「金長」。人望?狸望?の厚い狸。ぽんぽこにも名前が出てきます。

f:id:momokodokin:20151016202212j:plain

f:id:momokodokin:20151016202235j:plain
金長にはあるしかけが隠されています。
知りたい方は、目の前で手を叩いてみてください。何かが起こります。


公園内にはあちこちに狸の像がありました。

f:id:momokodokin:20151016202410j:plain

f:id:momokodokin:20151016202425j:plain

それぞれ名前や合戦での役割などが書いてあり、細かな設定にぷっと笑ってしまいました。


しかしたぬき広場は小規模な公園。
広場と舞台と、金長、そしてほかの狸たちがいるだけです。

それなのに子連れにおすすめとはどういうことかというと、
たぬき公園と道路を挟んで向かいに、SL広場があるんです。

f:id:momokodokin:20151016204247j:plain


松島駅跡地に開業当時の駅舎が再現されていて、退役した蒸気機関車を間近で見ることができます。

f:id:momokodokin:20151016204452j:plain

f:id:momokodokin:20151016204509j:plain

乗り物好きなちびっこは大喜び。(中には入れません。)

こちらには本格的な遊具がふたつほどあり、汽車を見ながら遊べます。

f:id:momokodokin:20151016204629j:plain



たぬきとSLのコンボで娘二人は大ハッスル。
クタクタになるまで遊んで帰ってきました。
楽しかったので、リピ確定です。


************************
たぬき広場では11月3日にたぬき祭りが開催されます。
その他、小松島市には88カ所の狸スポットもあります。

http://komatsushima.ne.jp/tanuki88/

徳島県に来られたら、市内だけではなく少し足を伸ばして狸伝説を追いかけるのも楽しいかもしれません☆

広告を非表示にする