読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻愛歌(転勤族の妻のメモ)

転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【転妻の強い味方!?】

それは、生協です。

そりゃそうやろ。スーパーとか近くにないと生協ってめっちゃ役に立つやん!?
…それもありますが、違います。
生協は「情報収集」に役立つんです。

 


転勤してきてすぐ知りたかった情報は、こどもの病院。
もちろん引っ越し前にネットで口コミ検索しましたが、情報ゼロ。
某大手サイトで質問を投げかけても返信はなく…。

とりあえずタウンページやネットで一番近くてよさそうな病院を見つけて、
いざ病気になった時のチェックはしていたのですがやっぱり不安でした。
その時に生協が役に立ったんです。

 


引っ越した当時、下の娘はまだ生後1か月。
長女は軽く赤ちゃん返り。
徒歩で遠くに行ける状況ではなかったため、生協を申し込むことにしました。


連絡をするとすぐに申込み担当者が来たので、手続きがてら評判のいい小児科を聞いてみました。


残念ながら、担当のお兄さんは知りませんでした。
そりゃそうよなー、男の人やもんなーと手続き完了、さようなら。
でもその数時間後、お兄さんから電話がかかってきました。

「営業所には女性がたくさんいるので、小児科調べました。
 ほかにもわからないことがあれば、なんでも聞いてくださいね。」

 

転勤した直後で情報源がない中、その言葉は本当にありがたかったです。


生協は申し込んだら終わりではなく、注文があれば毎週、配達担当の方と会うことになります。
何か知りたいことがあれば、その時に質問することもできました。


知り合いや友達ができるまでの心もとない間、「何かを聞ける人がいる」というだけで気持ちが軽くなる…。
特に地方に転勤になったとき、生協も大事な情報源のひとつになります。
「コープたすけあいの会」という、子育てや家事の支援をしてくれる取り組みもあります。https://www.naracoop.or.jp/action/fukushi/tasukeai.html


転勤先で困ったとき、生協も選択肢の一つに加えてみてください。

広告を非表示にする