読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻愛歌(転勤族の妻のメモ)

転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【転勤族の二人育児。下の子を出産後、上の子の相手をどうするか。】

長女が2歳3か月の時に次女を出産しました。

1か月ちょっと義実家で過ごし、転勤先である徳島にやってきたのですが、
想像以上に大変でした。


色々問題はありましたが、1番は【長女を外で遊ばせたいのにできない】。
家の周りの散歩はできても、さすがに次女の首が座るまでは遠出はできません。
それに加えて、若干赤ちゃん返りしてしまった長女。
次女を抱っこひもで抱きながら長女も抱いて…なんて厳しい。
これが近所に祖父母でもいれば負担も少なくなるんでしょうが、人に頼れない転勤族のツラさを実感しました。


と嘆いていても仕方ない。
必然的に【家の中でできる遊び】を考えるようになりました。


☆ベランダでピクニック
これ出産前もしていましたが、ちょっとベランダに出るだけで親子ともに気分転換になります。
ベランダにレジャーシートを敷いて、お弁当箱に詰めたお昼ご飯を食べるだけです。
面倒くさい時は、お弁当箱に詰めずお皿で出したり、おままごとセットでごっこあそびしたりもしていました。
これはかなりおすすめ。

ベランダつながりで行くと、ベランダでシャボン玉、ベランダでプール、ベランダで洗濯物のお手伝い。なんでも応用が効きます。
次女も外気浴かねて、バウンサーに乗せて出していました。


☆段ボールハウス

f:id:momokodokin:20151215223118j:plain

なかなか買い物に行けないので、通販で死ぬほど買い物をします。(今もやけど)
するとたまるのが段ボール。
たまりゆく段ボールを使って、段ボールハウスを作りました。
必要なものはカッターとガムテープだけ。
【一緒に作った、自分の家】が重要なので、汚くても不器用でもいいんです(と言い聞かせる)。
出来上がったハウスに一緒にお絵かきして折り紙ペタペタして…。
作る過程も、完成してからも楽しめるなかなかいい遊びでした。
家に限らず、バスや電車に見立ててみたり、
段ボールじゃなくてもチラシをまいてスカートを作ってみたり。
なんでもできます。


☆パズル
こども用パズル。
それとダイソーに売ってる白紙のパズルにオリジナルの絵を描いて遊ばせていました。
自分ひとりでできるようになるまでは手がかかるのですが、
一度できてしまえば一人でやってくれるので、その時間に用事を済ませられます。
ってゆうてもわずかな時間ですけどね。


☆階段
マンションに住んでいるのですが、エレベーターを使わずに階段で1階にある集合ポストに郵便物を取りに行っていました。
最初に書いたベランダと同じ理由です。気分転換。
次女が寝てる間にこっそりふたりで…の時もあれば、次女を抱っこしながら手をつないで行くことも。
郵便物を取りに行く、という自分の仕事を作ったのもよかったのかもしれません。


☆料理
これは手がかかるので精神的に余裕のあるときしか無理ですが、一緒に料理をします。
うちは台所が狭いので、並んで一緒にができないのが不満な点ですが、
ジップロックに入れたハンバーグのタネをコネコネしてもらう。
卵を割るのを手伝ってもらう。
グラタンのチーズをかけるのを手伝ってもらう。
ほんとに小さいことでいいんですが、手伝ってもらうと喜んでいました。
「キッチン戦隊クックルン」が好きだったのも理由の一つです。


☆ひもとおし
これもダイソーに売ってます。
ビーズをひもに通してブレスレットなどにできます。
ただひもとおしについては、次女がはいはいできる頃にはできなくなりました。
パーツが小さくて食べてしまう可能性があるので。
また出してやらせてみようかなー。

 


長女はインドアでも大丈夫な子だったのでうまく乗り切れただけかもしれませんが、
二人目出産後の参考になれば嬉しいです。
ちなみに次女は、気が付いたときには外に連れ出されていたので超アクティブな子になりました。下手したら長女より運動神経がいいかも…。
もし3人目ができたら、次女にインドア生活は無理だろうなぁと思ったりしています。
いや、その前に転勤族で3人目っていうこと自体が厳しいんですけど。

そのあたりについても、いつか書きたいと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村