転妻愛歌。(元転勤族の妻のブログ)

元転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【子育ての難しさ。自分のふがいなさ。】

なかなかネットを離れた場所では言わないのですが、

長女の育児で本気でツラいと思ったこと、ありませんでした。

momokodokin.hatenablog.com

 

でもここ1年、おもっくそ壁にぶつかっています。


3歳児の娘に、たった3年しか生きてないこどもに、叱るんではなくて怒ってしまう情けなさ。

あとで抱きしめてあげればいいとか、ちゃんと謝ればいいとかよく言うし、それを聞いて救われる人もいるだろうけど。
私はそうは思いません。


人間なんやもん、完璧なおかんなんておらん。
それはその通りだと思う。
けど、それを言い訳にしたくない。
あとで抱きしめたり謝らんといかんような理不尽なこと、こどもにしたらあかん。
子育てに完璧なんてないのはわかってるし完璧主義でもないけど、そう心がけたいなと思っています。


まわりからは、いつもアクティブにめっちゃ楽しく子育てしてるって思われるけど、
いやふたりおったらめっちゃ楽しいし、お出かけしまくってるしそれは合ってるんやけど、
やっぱりそれだけじゃすまんよね。


今まで私を独占できたのに、妹が生まれてから独占できなくなった長女の気持ち。
わかってるつもりなのに、ちゃんと対応してあげられてないなぁ…。
昔の自分を思い出すたび、今の自分にふがいなさを感じます。


長女が小さい時、色んなところにお出かけできて出先でぐずらんかったのは、
もちろん娘がとってもやりやすいいい子っていうのもあったけど、私に余裕があってたくさん工夫をしてたから。
いかに娘が楽しくすごせるか、私も一緒に笑顔でいられるか考えてた。
娘のこと、ほとんど怒ったことなかったな。
危ないことして叱ったことはあったけど。

次女を妊娠中も、たくさん一緒に遊んでおでかけしたし抱っこしたしお話ししてた。
妊娠中やのに大丈夫かってみんな心配した。でもふたりで過ごすことがすごい幸せな時間やった。


次女を産んで長女が赤ちゃん返りしても、できるだけ受け入れてあげられたのに。
徳島に来て車なくてひきこもりのときは、ちょっとでも楽しくなるように、おもちゃ手作りしたりシャボン玉したり、クッキングしたり、毎日工夫して楽しく過ごしてたのに。


なのに今は、ちょっとトイレを続けて失敗しただけで、
何回か声をかけても返事をしなかっただけで、
ほんの些細なことで、
必要以上に怒ってしまう。

だいすきって気持ちだけはいつも伝えるようにしてるけど、それだけじゃダメなこともわかってるのに。


こっちの求めていることを理解してるのに言うことを聞かない、それが腹立つんよね。
次女に腹が立たないのは、まだ何もわかってないから。仕方ないで済ませられるから。

でも、まだ3歳。

3歳のこどもが完璧なまでに従順やったら、そのほうがおかしい。
のびのび育てばいいって、言うことを聞かなければ待てばいいって、待てなければ言うことを聞くように工夫すればいいって思ってたのに。

成長の過程で、いやでも我慢しないといけないこと、ルールに沿って生活することを覚えるのに。
今ぐらいたくさん甘えさせてあげたいのに。


明日は、怒鳴らないようにする。
そう思って大好きな娘と毎日過ごしています。
おねえちゃんがいるからって言い訳で、手をかけてあげられていない次女に対する申し訳なさも持ちながら。


子育てって難しい。
反省や後悔ばかり。でもやっぱり二人と過ごす日々はとても楽しい。
子育てって、楽しくてほんとに難しい。

 



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする