転妻愛歌。

元転勤族の妻です。転勤地での2歳差ワンオペ育児について綴ります。

【子育てのストレス、原因の12割が旦那だった。】

子育てにおけるストレスの原因。
私の場合9割が…いや12割が旦那に対するもんやった。

(過去形じゃなく、今もか。)

前にも書いたとおり最近まで悩みの少ない子育てをしてきたから、子育てでイライラしたと思ったらたいがいが旦那起因。

うちの旦那、よく言います。
【何か手伝えることない??】

これだけ聞いたら、
「手伝ってくれようとしてるやん!めっちゃいい旦那さんやん!!」
って思うけど、
そう言う旦那の目の前には、洗濯物が山積みになっていたり、シンクに洗い物が溜まっていたり、こどものおむつにプリっがモコッとなってたり。

「お前の眼は、ふしあなか!!!」

とはもちろん言いませんが。

でも、いやいや、見たらわかるやん!?と思いません?

え、なに?もしかして「そんなんいいよー、休んでて」って言ってもらえるのを期待してる?って。


最初は、ほんまに気のきかん人と結婚してしまった…と後悔したもんです。
細切れ睡眠、授乳でヘロヘロ、機嫌が悪く子ザルのように抱きつく娘…そんな私を見ても何とも思わんから、汚れた食器を目の前にして何か手伝うことない?なんて聞けるんやと。
もし本当に大変やと思ってくれてたら、聞く前に目の前に広がる洗濯物の山をたたむやろう…と。

でもこういう話すると、ほとんどのママたちが共感してくれた。
うちも一緒~!!って。
そういう配慮というか気遣いができないのって、やっぱり男の人と女の人の違いなんやろうか。


【具体的に指示してもらわないとわからない】という旦那。
それをわかってはいるけど、もう子育て開始後4年ちかく、たまには自発的にこっちの求めることに気づいてほしい私。
この溝はなかなか埋まらず、ときどき…いやしょっちゅう大ゲンカを繰り返してしまいます。

埋まるわけもないものを埋めようとするより、早く【そんなもんや】と割り切るべきなんやけど。

 

※参考※

男性に対して何か交渉するときは、

目に見えるかたち(データ化、図形化、問題の箇条書き)にした方が効果大。

自分の普段していることを棚卸して書き出してみる、

一日のスケジュールを表にしてみる、

などして相手に提示し、「だから○○について分担してほしい」と

お願いしてみると何か変わるかもしれません。

 


※念のため。
気が利かなくても仕事もあるのに家事を手伝ってくれようとした旦那には感謝してるし、その気持ちは伝えてあります。
子育てしてる私って(私のほうが)大変!!などとは思ってません…けどちょくちょく腹立つよね(-_-)

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へにほんブログ村 子育てブログへ

▽twitterやってます

きなこ。元転勤族の妻 (@LoveNekoz) | Twitter