転妻愛歌。

元転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【ひとりなら楽しいけれど、こどもがいるとしんどいことも。】

育児でなく転勤のことです。

転勤生活、ひとりだと楽しめます。

旅行だったら絶対に行かなかったであろう土地で、色んな経験ができる。
その場所がどれだけ不便でも面白くなくても、期限付きだから我慢できる。

出会いもある。
何もない場所なら引きこもればいい。
今はネットも漫画もゲームも、家にいたって面白いことはたくさんある。


でも、こどもがいると楽しいだけではやっていけないと思う時がたくさんあります。


たとえば病院。
引っ越してきてすぐにこどもが中耳炎になったとき、市内に耳鼻科が1軒しかなくてびっくりしました。
RSになり毎日吐いていたとき、数少ない小児科に診療拒否されて悲しくてやりきれなくなりました。
選択肢があまりないため、納得のいくところを探すには時間をかけて遠方の病院に行くことも。

同じように学校も、習い事も。

引っ越しにあたって子どものメンタルも気になります。
仲良くなった友達と離れること、せっかく慣れた生活が一変すること、新しい学校でいじめなどに合わないだろうか、勉強の進度の違いは大丈夫だろうか…。


転勤によって私が強くなるように、子どもも強くなるのかもしれません。
ならないとやっていけませんしね。
でもやっぱり、心配事は多い。


昔転勤族の子ども=転娘、転息?だった人の話も聞きたいなぁと思う今日この頃です。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村