読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転妻愛歌(転勤族の妻のメモ)

転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

【輝く私になるための保育所問題にはつきあいたくないという本音。】

今更ながらニホンシネ問題について書くという、ゲスとベッキーのときと同じ乗り遅れた感。そして絶対反感買うだろう内容。

 

なんかもやもやしてたんです。

確かに待機児童問題は深刻だし保育所は絶対に必要だけど、これに乗じてワガママ言ってるだけの人も多くない?って。

 

まず大前提として、妻が専業主婦でも生活していける状態になんとかもっていってほしいと個人的に思います。

こどもが小さいうちは家でみたいと思う母親は多いでしょうし、寄生虫と言われても専業主婦でいたい人はいるでしょうし、夫の希望で専業を選んだ人もいるでしょうし。(ぜんぶ私)

本当は専業でいたいけれど、まじめに働いている夫の給料が上がらず生活していけないから働きに出なければいけない状況…それは減ってほしい。

なので安倍さんに超期待してるんですが現実には厳しい。生活のために働きに出ないといけない人がたくさんいる。

 

そんな人たちが、保育所問題を叫ぶのはわかります。日本シネとか言いたくなるきもちもわかる。

(私はそれよりも、共働き前提でないと生活していけなくなった社会をなんとかしろー!!!派ですが。)

けど自分の希望で働きに行きたい人までこの問題にのっかってるような気がしてモヤモヤするんです。

 

キャリア継続のため、子育てだけだと息が詰まるため、キラキラ輝く私でいたいため、仕事がしたいけど保育所がない。待機児童ゼロにしろ!!政治家の給料下げろ!!!税金投入しろ!!!!日本シネ!!!って…オイオイ…。

自分のしたいことを国が叶えてくれると思ったら大間違いじゃない??あなたたちみたいなのが本当に必要な人の保育所枠を圧迫してるんじゃないの???

まずは働きに出る必要のある人たちのために保育所問題は解決すべきだと思うんやけど。

 

こう書くと、「女性は子育てのために夢をあきらめないといけないのか」「人生の主役は私」とか言われちゃいそうだけど(実際言われたことある。輝く私を押し付けてくる人の自己主張力の高さにはびっくりする。)、そんなあなたのために私は…正確には旦那のお金やけど…税金を払いたくはないので、ご自分で民間の子育てサービス頼るなり認可保育園レベルのサービス提供する団体作るなりの負担をしてくださいって言いたくなる。料金が高いとか保育内容に不満とか、それはワガママでしょう。

そういう人は権利ばっかり叫んで、そのためならもっと税金負担します!とは言わないから不思議。

 

とか思ってニホンシネムーブメントを見ていて、ちょっと下火になった気がして書いてみました。まぁ全然PVもないブログなので炎上することはないけど。

 

保育所問題についてはこうしてモヤモヤするところはあるけど、この機会に保育士さんのお給料は上がってほしいと思います。大変な仕事で薄給なのに、みんなめっちゃ一生懸命、こどものことを考えて仕事をしてる姿に頭が下がる。

それをいうなら介護士さんや幼稚園の先生だってサラリーマンだって、相応の給料をもらうべきで、そう思うとやっぱり保育所問題じゃなくて日本全体の問題になるんやろうな。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

 

※ちなみに私の住んでる地域には待機児童はいません。幼稚園も定員割れ。

地方のいいところだなぁと思います。