転妻愛歌。

元転勤族の妻が、2歳差ワンオペサバイバル育児とか語ったりしてます。

★もう児童館には行きたくない…遊び場所に迷った2歳3歳のころ★二人育児

今日もしょうもないことで長女を怒ってしまい自己嫌悪。

叱るじゃなくて怒る…完全に自分の精神状態に左右されてる「怒る」という行為。

あかんってわかっててもどうにもならないときがあって、やってしまってから後悔。

「頭に来た時は深呼吸して10数えて!」とか言いますが、それできてたら悩みませんよ…。

いつも菩薩なんて人はいないだろうし完璧な母親なんてないんだろうけど、だからといって自分の感情を小さな子どもにぶつけてしまうことを正当化したくないな…と心から思います。

 

と、前置きが長くなってしまいましたがここから本題です。

 

2歳児3歳児って、遊び場所に困りませんか?

というのも私、長女が2歳半すぎたあたりから、児童館や子育てセンターに行くとすごく疲れていました。

それは、児童館にあるおもちゃやスペースが長女には少し物足なくなってしまっていたからです。

そして周りが娘より小さい子になってきていたからです。

たとえば小さな子のおもちゃを奪ったりしないか、

たとえばハイハイの赤ちゃんを踏んでしまったりしないか、

児童館にいる間色んな事に気を配って、注意して過ごしていました。

 

密室育児でしんどくなるのが嫌で連れて行った児童館なのに、やっぱりしんどくなって帰ってきたときのやりきれなさ。

注意を向ける相手が長女一人ならいいんですが、0歳児の次女を抱きながらとなるとしんどかったです。

次女も見ながらだから、全力で長女と遊んでやれない。

長女も何かあるたびに注意されたり、小さい子どもにおもちゃを貸してあげてばかりだったので、本当に楽しんでいるのかどうか疑問に思えてきました。

 

で考えた結果。

もう行くのやめました。

 

児童館や子育てセンターに行く目的って、似たような月齢の子と交流するためだったり子どもが楽しく遊べるためですよね。親の息抜きもあるけど。

その目的が果たせないならもういいや、と。

 

社会性?

んなもん幼稚園に入ったらいやでも身につくし、週何回か短時間の児童館通いがなくたってたいした影響はないはず。

自分と子どもが楽しめないなら通ったところで意味がない、と思いました。

 

でも児童館行けなかったら、他に行くところがない…。

こんな風に悩んでいる人もけっこういると思います。

(さらに私の場合、転勤したてで同じような年齢の子どものお友達もいなかったから、友達と遊ぶってこともできなかった。)

 そんな誰かの参考になれば…と私の過ごし方を紹介します。

 

 児童館を卒業してから行ったところ。

保育園の一時保育

 週2回、午前中だけ一時保育に通わせていました。

アットホームな保育園で、運動会やハロウイーン、クリスマス会など他の子たちと同じように参加させてくれました。

すごくいい思い出になりました。

 

幼稚園、保育園の園庭開放

 就園前の同じような年齢の子が多かったです。

まだ一人遊びが好きな時期なので一緒に遊んだりすることはあまりなかったけれど、小さい子に気を使いながら遊ばなくてもいいという点だけでも良かったです。

それに幼稚園のおにいちゃん、おねえちゃんがよく一緒にあそんでくれました。

 

未就園児保育

 就園前の子どもを対象に幼稚園(や保育園)がやっている子育て支援です。

たとえば工作やリトミック、水遊びなどがあって、園によって雰囲気が違うのもよかったです。

園庭開放と未就園児保育は、幼稚園選びにも大きな影響を与えました。

 

散歩

そのまんま。散歩です。

田んぼのまわりをよく散歩してました。子どもって歩くだけで楽しかったりするんですよね。

自然がいっぱいなので、シロツメクサで冠作ったり、つくしを大量に採取したり。

疲れたら座って持参したおやつ食べたり。

(帰りにだっこって言われて死にそうになることもあるんですが)

トイレットペーパーの芯2本持っていくと双眼鏡ごっこができたりします。

道端に咲く花の観察なんかも楽しいです。

シロツメクサの冠の作り方 | 子どもの遊び共有サイト wakutuku [わくつく]

(女の子は絶対喜ぶと思う)

 

公園

これもそのまんま。

ボール、シャボン玉、砂場遊びセットを持って行けばご機嫌。

次女はその間、抱っこひもだったりベビーカーだっだりですが、

ハイハイしだした頃からは公園で一緒に遊んでいました(ただ地面をハイハイしてただけとも言う)。

長女のときは清潔かどうかを気にして、外でハイハイなんて考えもしなかったのに二人目はやっぱり違いますね…。

 

ちょっと大きめのスーパーに買い物、そこにあるプレイゾーン

ただ、狭いので時間は稼げません。ほんの息抜きです。

 

児童館、子育てセンターなどの合いそうなイベント、市や地域がやっているイベント

外でシャボン玉遊びだったり、運動会だったり。

小さい子と住み分けできそうなイベントをチェックしていました。

友達の住む地域では町がやっている体操教室があって格安で通えたとのこと。

そこでママ友もできたと言っていました。羨ましい。

NPO 法人子育て支援ネットワークとくしま

(徳島市にある子育て広場。イベント沢山です)

 

おうち遊び

momokodokin.hatenablog.com

 

一回完結型の習い事

経済的に長期の習い事が厳しいので、ヤマハなどの一回完結型の教室に通っていました。

少し遠出して別の地域の教室にも行ってみたり。

ドレミぱーく | ぷっぷるくらぶ

 

園庭開放や地域の子育て支援についてはHPで調べたり、市役所などで聞いてみるといいと思います。

侮れないのが広報と地方新聞。チラシ。

子育ての情報についてはまだアナログが強いので要チェックです。

 

そしてそしてどなたか!

児童館や子育てセンターで「二人育児している人対象の時間」を作ってほしい!!!

同じスペース内でいいから、保育士さんなどが下の子を見てくれて、ママは上の子の遊び相手に専念できるような時間。

こういう時間があれば、ママをとられてさみしい気持ちになっている上の子の情緒もちょっと安定すると思うんだけどなー。

 

…とまた話がすこしずれてしまった。

子育てしてるとどうしても視野が狭くなりがちだけど、一つの選択肢がなくても他の選択肢を探せばきっとあるはずです。

無理をして疲れるよりは、その時その時に自分と子どもに合った選択が上手にできるようになればいいな、と思います。

 

f:id:momokodokin:20160610004423j:plain

(当時、まだ歩けもしないのにニンジン掘りに連れてこられた次女のたくましい姿。)

 

▽twitterやってます

きなこ。元転勤族の妻 (@LoveNekoz) | Twitter