転妻愛歌。

元転勤族の妻です。七転び八転びの生活です。

★二人目の壁はおそろしく高かった★頼る実家のない転勤族の妻なワタシの話1/3

諸事情あり実家が頼れず、第二子を転勤先で出産した私の経験談です。

極論、何事も「頼る先がなくてもなんとかなる、なんとかする」なんですが、少しでも頼るアテがある人は少しぐらいなら妥協してそれを使うべきです。

ボッチ出産、ワンオペ育児は心身ともに疲労します…。
結論を言うと、私は出産は転勤先で一人で、産後は義実家に少しだけお世話になりました。

準備したこと、役に立ったことなども含めて当時を振り返りたいと思います。

f:id:momokodokin:20161202001614j:plain

 

長女を出産して1年ちょっと。二人目の妊娠が判明しました。

最初はうれしい気持ちしかなかったんですが、さて現実を考えたときに大きな問題がありました。(最初から考えてないところがアホなんですが)

 

二人目出産前後、長女をどうするか。里帰りはするか?

・二人目は帝王切開確定。入院は約1週間。

・諸事情あり実家は絶対に頼れない。

・当時の住まいは義実家から車で1時間半ほど離れたところ。これも色々あり義母に泊まりで来てもらうことはできない。(関係は良好)

・旦那は仕事仕事、仕事。頼れない。

 

一人目の時はまだしも二人目出産となると、一般的には里帰りという選択肢が無難だと思います。

が、元からその選択肢がない私。

まず考えたのが義実家への里帰り(って言うの?)です。

義実家近くの病院で出産し、出産後もお世話になるパターン。

 

でも義実家への里帰りは不安が大きかった。

実は長女出産後、少しだけ義実家にお世話になりました。(転勤先で出産、退院後すぐに義実家へ)

当初は1か月ほどの予定でしたが、孫が生まれたヒャッホイ状態の義母の行動があまりにツラくて、1週間でギブして自宅に帰りました。

受け入れてくれた義母にとても感謝しているし、今でも孫をスーパー愛してくれているのでありがたいんですが、当時は本気で絶縁を考えるほどの状態でだったんです。
だから義実家にお世話になることへの不安は大きかった。

それでも、私が入院中の長女のことを考えると義実家を頼るべきだろう…と義母に相談。

ぜひ来て、と言ってもらえました。

そして義実家近くの病院に妊婦健診にも行き、説明も受けてきたんですが。

 

義母から衝撃の「入院中、お見舞いにあんまり行けないからね。長女ちゃんとおでかけたくさんするからね」との言葉。

他にもあったんですがこの言葉に不安を覚え、義実家での出産を諦めました。

「いや、病院近いやん…。娘が心配で義実家で出産しようって決めたのに、その娘の顔を見られんのやったら義母にお世話になる必要はないやん…。」

 リフレインする産後のあれこれ。

産後の恨みは根深いのですよ…。

 

なんとか夫婦で乗り切れないのか。

・旦那は朝6時出勤、帰宅は超早くて22時。午前様、土日出勤はしょっちゅう。

・市内にお産を扱っている病院がなく、出産は家から車で30分以上離れた産院。

 

旦那の仕事が忙しいのはわかっていましたが、出産は家族の大きな問題です。

転勤族の妻、ぼっち育児をしている人が最後に頼れるのは旦那しかいない。

そう思って、せめて1週間だけ遅刻早退を認めてもらえないかと旦那に相談しました。

長女を一時的に保育園に入れて送り迎えを旦那にしてもらう。そうして入院中さえ乗りきれば産後はなんとかひとりでやっていこうと。

…無理でした。期待した私がアホでした。

(自分も独身の時はあほみたいに働いてたから旦那の気持ちもわからんでもないけど、家族ができたんやから優先順位を変えてほしいし、普段めちゃくちゃ仕事がんばってるのにこんな時も事情を考慮してくれない会社に尽くす意味なんてない。そのようなことを死ぬほど話し合ったけど頑なな旦那を説得できず、今に至ります。これはその後の夫婦関係においてかなりしこりになっている。)

 

 

やっぱり義実家しかないのか…?

旦那もいないものと思って、一人で全部なんとかする?

長女の預け先はどうしよう?

 

悩む私を救ってくれたのは、ネットと友人でした。

…長くなるので続きは次回。

次回は、「上の子の預け先」「産前に用意しておくこと」などについてまとめます。 

 

 ▽関連記事

 

momokodokin.hatenablog.com

 

momokodokin.hatenablog.com

 

 

momokodokin.hatenablog.com

 

 

▽ツイッターやってます

きなこ。元転勤族の妻 (@LoveNekoz) | Twitter