転妻愛歌。

元転勤族の妻です。転勤地での2歳差ワンオペ育児について綴ります。

※転勤族の妻が、転勤先で友達を作りたくない理由※

転勤先で友達を作りたい!
転勤族の妻(特にこどもがいる人)なら、多くの人がそう思います。

行政や民間サポートが完全に機能しているところならボッチ生活でもいいのかもしれないけれど、
田舎に越した場合、子育てサポートが充実していないケースが多々あります。
(親世代と同居が当たり前なので、子育て支援がとりたてて必要ない=普及しないという側面もあると思う。)
孤立無援の状態でソロ育児…。綱渡りすぎて怖い。
そんな状況を少しでも改善しようと、必要にかられてその土地の友達を作りたいと思う人もいるでしょう。

でも、転妻の中には転勤先で友達を作らない主義の人もいます。
(ここでいう転勤先の友達とは、地元の人のことを指します。)
それにはちゃんと理由があります。

・仲良くなったとき、離れるのがツラいから。

これはよく言われることです。
わたしなんかは、そこまで思える友達ができるなんて素晴らしいことやなあ…と思うし、
別れの時のことまで考えた行動ができるほど計画的に生きられないんだけど。
でも気持ちはわからんでもないです。
SNSとかが発展してるから縁は続くとはいえ、今までどおりの時間は過ごせないもんね。
ラインのタイムラインで友達どうし楽しそうにしてる投稿なんて見たときには、さみしく感じてしまうもんなぁ…。

・マルチ、宗教に勧誘されるから。

転勤先で寂しい気持ちになっている人が多いこと、
地元民じゃないから噂は広がりにくいし被害にあっても転勤でいなくなるということ…。
そんなこともあって、実は転妻はマルチや宗教に勧誘されやすかったりします。

最初はそんなところをおくびにも出さず、仲が良くなってから相手は本当の目的を明かします。
その頃には信頼関係が生まれているから断れないし、
断ることができても他に友達を作ろうとは思えなくなってしまう。
そんな人が実際にいます。


「ポジティブに、地元の人とも繋がって!」
そうなれることがもちろんいいんだけど、転妻特有の孤独感に漬け込んでくる人も一定数いるんですよね…。