転妻愛歌。

元転勤族の妻です。転勤地での2歳差ワンオペ育児について綴ります。

転勤族の妻なら共感まちがいなし?転勤あるある。イロイロ

 前回はこちら。

momokodokin.hatenablog.com

 

今回はイロイロ詰め込んでみました。

共感できるところ、あるでしょうか?

 

☆転勤する度に引っ越しスキルがあがる。

無事引っ越しが終わった後、脳内に流れるレベルアップ音を思い出して引っ越しを乗り切ろう!!!いややけど。

会社によっては楽々パックなんかのお金も補助してくれるところがあるみたいですが、うちはそんなの出ませんので自分でやるしかありません。

わたしが臨月であろうが!そこに生後間もない赤ん坊がいようが!!!

旦那はあれです、荷造りの時は送別会に、荷解きの時は歓迎会に大忙し。

完全に、まちがいなく、【戦力外】です。

まぁいたとしても思わぬところで足を引っ張られてたりするので、おらん方がいいんかもしれん。飲み会の日は夜ご飯も作らんでいいしね。

(思わぬところ。。。一つの段ボールに何でも詰める。捨てていこうと思ってた荷物がいつの間にか梱包されている、など)

 

私の工夫を一部…

・お皿はラップ(ビニール袋でも)で包むと開梱時に洗わなくていい。

・衣類収納はFits(衣装ケース)。

段ボールに詰めなくても持って行ける。そのまま押し入れにinできる。

・異動内示が出たら米は買わない。

パスタ、パン、うどんなどで乗り切る。

・引越し後、新居で見つけた不具合は写真に撮っておく。

例えば壁紙の剥がれや窓ガラスのヒビなど。(退去時にこちらの過失にならないように)

 

 ☆車のナンバープレート、県外ナンバーだと勝手に親近感を抱く。

 

☆自分の努力ではどうにもならない環境下で生活するため、打たれ強くなる。(逆にストレス溜まりすぎて病気になる…)

 

☆こどもが色んな方言のミックスされたバイリンガル、トライリンガルになる。

 

☆八方美人度があがる。

 

☆地元から出たことのない人たちの集団の中にいると、価値観の違いをすごく感じて疲れる時がある。

 

暑い日が続いて体調崩しがちですが(わたし)、みんな元気でお過ごしください!